今や配合剤の代表格(?)である、ARB+利尿剤の配合剤ですが、最近発売された「エカード配合錠」「コディオ配合錠」には、名称の一部に「配合」という文字が入っています。振り返ってみると、最初に発売されたプレミネント錠だけ「配合」の文字が入っていなかったわけですが、9月25日から「プレミネント配合錠」へと名称変更されました。こういった名称変更は、プレミネントだけではありません。「なぜここに来て名称変更なのか」と思い、少し調べていましたら、1年以上前に通知が出されていました。ここに、配合剤の命名ルールが示されているのです。

配合剤の命名ルールを考えるの画像

ログインして全文を読む