月経前症候群(PMS)は、程度の差こそありますが、女性のおよそ8割が経験している症候群です。漢方では、五臓六腑の肝(かん)の機能を安定させ、気・血・津液の流れを調えることにより、PMSを治療します。

月経前症候群(PMS)の考え方と漢方処方の画像

ログインして全文を読む