バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰に作られてしまう、甲状腺の病気です。漢方では、気・血(けつ)・津液(しんえき)の流れを潤滑にすることなどにより、バセドウ病の治療を進めます。

バセドウ病の考え方と漢方処方の画像

ログインして全文を読む