若年性更年期障害は、まだ20代や30代なのに、生理不順や更年期症状が生じる疾患です。主な原因は、ストレスやダイエットなどによる気血(きけつ)の量や流れの失調です。漢方では、それらを調えて体質改善を進めることにより、若年性更年期障害の根本的な改善を図ります。

若年性更年期障害の考え方と漢方処方の画像

ログインして全文を読む