漢方では、子宮内膜症は、気血(きけつ)の流れが悪い体質の人に生じやすいと捉えています。気血の流れの停滞は、痛みや出血、炎症と深い関係があります。ここでは、炎症や癒着が強くて子宮内膜症が再発した例、気の流れが悪く強い生理痛を生じる例への処方を解説します。

ログインして全文を読む