子宮内膜症は、もともと子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、卵巣や子宮の外側などにもできてしまう病気です。その部分が生理の度に、普通の生理と同じように、剥がれては出血を繰り返すため、次第にお腹のあちこちで炎症や癒着が生じていきます。

気血(きけつ)の流れの改善を目指すの画像

ログインして全文を読む