アトピー性皮膚炎は、さまざまな要因で皮膚のバリア機能が低下しています。体液が不足し、肌が乾燥、刺激に対して敏感になっている陰虚(いんきょ)証では、バリア機能の一つ「衛気(えき)」が弱っています。水分や栄養などの陰液を補うにはどのような漢方薬が適しているのでしょうか。

アトピー性皮膚炎の考え方と陰液を補う漢方処方の画像

ログインして全文を読む