これまで2回にわたって、かぜの引き始めの、寒気が強いときや、熱が出るときの漢方治療についてお話しました。今回は、そういう時期にかぜを根治することができずに長引かせてしまい、かぜをこじらせたときに使う漢方についてお話します。

「衛気」の強化には黄耆の入った処方をの画像

ログインして全文を読む