コデイン含有製剤とトラマドール塩酸塩(商品名トラマール、ワントラム)は、世界保健機関(WHO)による癌疼痛治療薬の第2段階に位置する弱オピオイド鎮痛薬である。コデインは少量で咳止めにも用いられ、厚生労働省は2019年までに12歳未満の小児に禁忌とするよう添付文書改訂を指示した。これは、17年4月に米国において、12歳未満の小児にコデインの処方を禁じたことによる。

コデインとトラマドールによる呼吸抑制とはの画像

ログインして全文を読む