薬物間相互作用は、主に消化管などでの吸収、肝臓・腎臓での代謝・排泄の過程で起きる。また、オピオイドなどの中枢神経系に作用する薬物では、血液脳関門(BBB)におけるトランスポーターを介した相互作用も起きる。

オピオイドの薬効が減弱する相互作用は?の画像

ログインして全文を読む