オピオイドの副作用としては、悪心・嘔吐、便秘、眠気、せん妄などが知られている。全ての副作用対策に、投与中のオピオイドから他のオピオイドに変更する「オピオイドスイッチング」が有効である(第5回:オピオイドの用量調節とスイッチングの基本方法参照)。

オピオイドの副作用症状を知り、対策を講じようの画像

ログインして全文を読む