痛みが強いときにはレスキュー薬を使用する。定時薬として経口薬や経皮吸収型製剤を使用している患者であれば、経口モルヒネやオキシコドンの速放性製剤、フェンタニルのバッカル錠・舌下錠を用いる。定時薬として持続注射薬を使用している患者であれば、PCA(自己調節鎮痛法)ポンプを用いてレスキュー薬を投与することもできる。

ログインして全文を読む