妊婦・授乳婦への薬物投与に関して、添付文書の記載を現実に即して改訂しようという事業が始まった。妊娠と薬に関する情報収集と調査を担う国立成育医療研究センター妊娠と薬情報センターの村島温子氏に、同センターの現状と添付文書改訂の動きとともに、妊婦・授乳婦に対して薬局薬剤師が果たすべき役割について聞いた。

妊婦・授乳婦が安心して服薬できる環境をの画像

ログインして全文を読む