高齢患者のポリファーマシー(多剤併用)に対して、薬剤師の積極的な関与が求められるようになってきた。その一方で、現場からは介入のきっかけがつかめない、医師にうまく処方提案ができないといった悩みも聞こえてくる

「ポリファーマシー=減薬」にあらずの画像

ログインして全文を読む