高齢者の薬物療法において、薬剤師はどのような貢献が求められているのか。日本老年医学会で『高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015』作成グループ代表を務めた東京大学医学部附属病院老年病科教授の秋下雅弘氏に、高齢者薬物療法の現状と、薬剤師の役割について聞いた。

「高齢者の薬物療法の適正化は喫緊の課題」の画像

ログインして全文を読む