薬局薬剤師にとって、今年の調剤報酬改定ほど憂鬱なものはないだろう。政治家や官僚、有識者と称する人たちまでが、こぞって調剤報酬の引き下げを要求している。メディアも薬局が「不当に儲けている」といった論調で報道を繰り返す。医療費を抑制する必要性は分かるので、公平にマイナス改定にするなら納得もできよう。だが、実情は立場の弱い薬局に負債を押し付けようとしているだけではないか。

潰せるものなら潰してみろ! 今年の改定は薬局が強くなるチャンスの画像

ログインして全文を読む