医薬分業率70.0%─。この数字を、感慨深く見るのは筆者だけではないだろう。20年ほど前には、医薬分業の上限は70%だといわれていた。しかし現在、既に院外処方箋受け取り率が80%を超える地域もある。一方では未だ40%台の地域もあり、全体の分業率はまだ伸びる余地がありそうだ。

医師と薬剤師の関係性を変える特効薬とは?の画像

ログインして全文を読む