6年制薬学部の実務実習には、在宅分野の実習があります。実習受け入れ薬局の多くは、自施設だけでは在宅実習ができなかったり、より良い質・量の在宅実習を学生に受けさせたいとの指導者の思いから、他の“支援薬局”に実習の一部を依頼することがあります。旭川薬剤師会では、在宅や多職種連携のほか、OTC薬販売や学校薬剤師、災害時支援、保健所、医薬品卸見学などについても、ベースの受け入れ薬局だけで対応が難しい場合には、支援先に振り分ける方法で実習の質を高めています。

在宅実習で「訪問」より重視すべきことは?の画像

ログインして全文を読む