皆さんはユマニチュードってご存じですか。これはフランスで生まれた認知症ケアの技法で、見る、話す、触れる、立つという4つの行動を柱にしてケアする技法です。起立不能で、入浴や口腔ケアなどを嫌がったりしていた重度認知症の患者さんが、ユマニチュードに基づくケアによって、歩行可能になったりケアを受け入れる気持ちになったりします。あまりの急激な変化に、魔法のようだと表現する人もいらっしゃいます。

“ユマニチュード”で700人会場が満員にの画像

ログインして全文を読む