在宅業務では、末期癌の患者さんを担当する機会が多くあります。その中で、処方変更や患者さんが亡くなったときなどは、患者さん宅から麻薬を引き取って廃棄しなければなりません。

ログインして全文を読む