前回に引き続き、慢性疼痛に対するオピオイドについて、ワークショップやガイドラインを読んで勉強したことを薬局向けに書きます。今回は、主に副作用についてです。

ログインして全文を読む