過去のこのコラムや、私のブログでも紹介していますが、緩和ケアの疼痛管理においてアセトアミノフェンの安全性とその効果が見直されています。用法用量の改訂も行われました。

ログインして全文を読む