先日、十数年ぶりに日本薬学会の年会に参加してきました。様々なセッションの中で特に期待していたのが、狭間研至先生のシンポジウムです。狭間先生についてはこのコラムの第1回「バイタルサイン、始めました!」でもご紹介しましたが、先生の講演内容は毎回“進化”していて、新しい発見があります。

ログインして全文を読む