特別講演は、「がん医療と心の問題、その対応」がテーマでした。治療中の癌患者さんの約半数に、精神科の診断名がつくという調査報告もあるそうで、中でも、うつ病、せん妄、適応障害が癌患者さんに多い3大精神症状とのことでした。

ログインして全文を読む