薬学実務実習のスタートに当たって、まず大きな課題となったのは受け皿となる薬局数の確保でした。それには、認定実務実習指導薬剤師(以下、指導薬剤師)を大勢養成する必要がありました。指導薬剤師養成のための講習会やワークショップが頻繁に開催されただけでなく、ワークショップの内容を検証し、改善点を明確にするためのアドバンストワークショップも開催されています。ですが、現在でも実務実習生を受け入れる薬局の数は足りていない状況です。

調剤室にペットがいる薬局!?の画像

ログインして全文を読む