先日、薬剤師が地域住民の健康相談に応じ、医薬品の情報提供などを行う「健康情報拠点薬局(仮称)」を整備する方針を厚生労働省が決定し、具体的な定義や基準の検討を始めました。

ログインして全文を読む