薬局実務実習を受ける薬学生たちは、OSCE(客観的臨床能力試験)とCBT(客観試験)とをクリアして薬局にやってくるのですが、それでも大学での学習と現場との間には幾つかの壁というか、ギャップのようなものが存在しています。その中の一つが「疑義照会」でしょう。

ログインして全文を読む