2018年7月5日に厚生労働省で厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会が開催され、薬局の機能分化などについて議論されました(「薬局の機能を再定義し、法律に明記を」)。複数のメディアの報道で目についたのは、その機能分化のことよりも、部会の委員から、医薬分業はもとより、医療における薬剤師の必要性があるのか、という極論が飛び出したことです。

なぜ薬剤師はコテンパンに言われてしまうのかの画像

ログインして全文を読む