医薬分業制度の下では、医師が診断と処方を、薬剤師が調剤を担います。調剤を行う上では、薬剤師法第24条でも定められている通り、処方箋の内容に疑義がある場合には、医師に照会して確認した後でなければ調剤してはなりません。この疑義照会という制度は、医薬品の適正使用・医療安全の確保という薬剤師の使命を果たす上で欠かせません。

 もちろん、医師も患者さんの薬物治療を適正かつ安全に行っていくことを求められていますが、薬剤師のダブルチェックにより、より適正で安全なものになります。この疑義照会について、医師法には記載されていませんが、「保険医療機関及び保険医療養担当規則」(療担規則)の第23条に「保険医は、その交付した処方せんに関し、保険薬剤師から疑義の照会があつた場合には、これに適切に対応しなければならない」と明記されています。

 患者さんはもとより、医師にとっても薬剤師にとっても重要なはずの疑義照会ですが、現場でうまくいっているとは言えないように思います。

 薬局経営者としては、医師は薬剤師の話を聞いて積極的に活用してほしいと思います。一方で、医師としては、正直、若干無理があるなと思うケースも少なく

なぜ、医師は薬剤師の話を聞かないのか?の画像

ログインして全文を読む