地域包括ケアシステムの中では、多職種連携・チーム医療推進が不可欠です。高齢者医療のほとんどが薬物治療であり、医薬品は医師が処方し薬剤師が調剤をすることを考えれば、医師と薬剤師の連携は、今後、今まで以上にスムースかつ強固なものになっていくことは当然です。

 しかし現実としては「医師との連携」に、ちょっと及び腰の薬剤師が多いのではないかと思います。その理由は、疑義照会であまりいい経験をしたことがない薬剤師がほとんどだからではないでしょうか。

薬剤師が医師に言ってはいけない言葉の画像

ログインして全文を読む