私は、薬局の社長であるとともに、今も現場に立っている医師でもあります。今回は、薬局経営者というよりは医師の観点から、薬学生の憂鬱について私見を述べたいと思います。

ログインして全文を読む