この1年ぐらいで急に目にするようになった「かかりつけ薬剤師」。色々な議論はあるでしょうが、厚生労働省の「患者のための薬局ビジョン」でも示された「対物から対人」「立地から機能」「バラバラから1つ」を具現化していく上では、どうも必須の概念のようです。

渡すまでだけでは、かかりつけにはなれないの画像

ログインして全文を読む