私の講義や講演で時々紹介するのが、「web2.0」という言葉です。アメリカのティム・オライリー(Tim O’Reilly)らによって2005年に提唱された概念です。私は、この言葉を梅田望夫さんの『ウェブ進化論ー本当の大変化はこれから始まる』(ちくま新書、2006)で知りました。

ログインして全文を読む