私が卒業後5年目ぐらいの時に、勤務している病院でいつもお世話になっている麻酔科医の先生がいらっしゃいました。体も大きく、声も大きく、技術も優れているその先生は、口も達者でした。若手の外科医だった私は、怒られないかと内心ひやひやしながら仕事をしていました。その先生がある時、手術場でおっしゃったのです。

ログインして全文を読む