薬剤師の社会的認知度や評価は不当に低い――。薬剤師を両親に持つ子どもとして、ぼんやりと感じてきたことは、2001年頃から実家の薬局運営に携わるようになり、確信に変わっていきました。

責任を取らない職種に信頼や賞賛はないの画像

ログインして全文を読む