この2年ほどは、私が訪問診療を担当している介護施設では、患者さんの診療を始める前に、薬剤師から提出された「居宅療養管理指導報告書」に目を通すことにしています。というのも、訪問する前に、患者さんの最新の情報や、薬剤師によるアセスメントを頭に入れておくことは、診療の質を上げるために非常に重要であると考えるようになったからです。前回の診察で薬剤を追加したり、削除したり、また用量を増減させた患者さんについて、薬剤師の薬学的アセスメントは非常に参考になります。

ログインして全文を読む