先日発表された政府の「経済財政運営と改革の基本方針2014」、いわゆる「骨太の方針」の中に、調剤報酬の在り方について「医薬分業の下での調剤技術料・薬学管理料の妥当性・適正性について検証するとともに、診療報酬上の評価において、調剤重視から服薬管理・指導重視への転換を検討する」と記載されています。

ログインして全文を読む