何年かぶりに自宅近くの整形外科クリニックを受診しました。そのクリニックは、私より少し年上の先生が2代目院長で、まだ院内調剤でした。自分の順番が呼ばれるまでの間、持参した本を読みながらも、どうしても窓口の向こう側のやり取りが気になります。それとなく見聞きしたところ、事務さんと思われる方(薬剤師の名札をしていませんでした)が3人いて、調剤と“お薬の説明”を行っているようでした。

ログインして全文を読む