調剤報酬や診療報酬の改定は2年に1回行われますが、その都度、保険薬局は業務のやり方や内容を見直し、適応してきました。その結果が、現在の「外来処方箋を待つだけ」の「薬局ビジネス」を生み出したといえるでしょう。

ログインして全文を読む