薬剤師法第24条には「薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならない」とあり、疑義照会は、薬剤師にとって果たすべき義務であるというのは言うまでもないでしょう。

ログインして全文を読む