薬学教育6年制という内部からの動きと、超高齢社会への突入という外部からの動きが相まって、きっと薬剤師は変わると思います。しかし、最終的には、薬剤師一人ひとりが“内なるスイッチ”を入れなくてはならないでしょう。「分かってはいるけど、日常の中で“内なるスイッチ”を入れるなんて、そう簡単じゃないよ」。こう感じる方が多いのではないでしょうか。 私は、“内なるスイッチ”を入れる上で、「裏の欲求」を満たすことが重要だと考えています。

ログインして全文を読む