「はぁー、毎日のようにクレームだよ……。勘弁してくれよ、もう……」

 閉局後、青木は椅子に倒れ込むと、天井を仰いで大きなため息をついた。

「また、“ため息星人”の登場か」

「あ、じいさん。ちょっと聞いてくださいよ!」

 青木が薬局長として切り盛りするカラー薬局白岩店では最近、患者からのクレームが問題となっていた。

クレーム対応は初動が肝心の画像

ログインして全文を読む