「はぁー、もう、なんで山本先生はいつもあんなにイライラしてるんだろう……」
 閉店後のカラー薬局白岩店のカウンターでは薬局長・青木が頭を抱えていた。ソファに腰掛けてスポーツ新聞を読んでいた老人は、手にした新聞を傾けて青木に視線を向けた。
「またその姿勢か。だんだん、定番の光景になってきたのお」
「じいさん、ちょっと聞いてくださいよ〜」
 白岩店の近所に、山本内科クリニックという診療所がある。院長の山本翔太とは、薬局の開業依頼の付き合いだ。

開業医はなぜ問い合わせにイライラするのか?の画像

ログインして全文を読む