退職を希望している事務職員の赤川宏美。彼女の離職理由について深く考えていなかったことに気づいた青木は、赤川との面談を試みる。果たして、吉と出るか凶と出るか……。

僕は一番大切なものを握り潰しかけていたの画像

ログインして全文を読む