ヘパリン類似物質を含む製剤を、美容目的で使用することの是非が話題になっているようですね(関連記事:ヒルドイドの美容目的の処方はなくせるか、健保連、保湿剤の保険適用除外を提言)。私の勤務先の薬局でも、皮膚科の処方箋をよく受け付けています。今話題のヘパリン類似物質はもちろんですが、これ以外にも美容目的での処方が増加している薬があります。どの薬かというと…続きは4コマ漫画で。

【漫画】この薬って皮膚科でもらえるの?の画像

ログインして全文を読む