褥瘡(じょくそう)とは、いわゆる「床ずれ」の正式な病名である。長年、床ずれという名称が使われ、全身状態が悪化した終末期患者に発生することから、「疾患」というよりは「治せなくても仕方のないもの」といった先入観で、医療者、そして国民に認識されてきた経緯がある。

薬剤師が褥瘡治療に関わるべき理由の画像

ログインして全文を読む