少し前に、このコラムで「不十分な「経過観察」がもたらした健康被害」(2012年12月13日)という記事を掲載しました。抗癌剤であるリツキシマブ(商品名リツキサン)の報道事例を紹介した記事で、リツキサンを投与された患者2人が、肝炎の悪化や肝機能の低下などで死亡したケースが題材です。

あいまいな添付文書情報をカバーするこんなカードはいかが?の画像

ログインして全文を読む