「ヒューマンエラー(Human Error)」という用語が注目されるようになったきっかけは、1999年に発表された米国医学研究所(Institute of Medicine)の「To Err is Human : Building a Safer Health System」という報告書です。日本語訳は『人は誰でも間違える:より安全な医療システムを目指して』という書名で、2000年11月に出版されました。

安全管理の次のターゲットは「副作用」と「感染」の画像

ログインして全文を読む