野田首相は8月8日、民主・自民・公明の3党首の会談で、税と社会保障の一体改革関連法案について、「成立した暁には、“近いうち”に国民に信を問う」と発言しました。この“近いうち”という言葉がどのくらいの近さを指すのか、その解釈が問題になっています。あいまいな表現だからです。

“あいまい表現”は情報伝達エラーの原因!の画像

ログインして全文を読む