患者本人やスタッフからエラーの指摘を受けたり、作業後に自分自身でエラーに気付いたりすると、非常に動揺します。自分のエラーは、できれば人に知られたくないというのが正直な気持ちです。そして、できるなら、他人に知れ渡る前にエラーの事実を消滅させたいというのが本音だと思います。

当事者の責任追及ではなく、再発防止策を考えようの画像

ログインして全文を読む